骨密度測定装置について

2021.03.23
上青木整形外科からのお知らせ

3月22日よりDEXA(デキサ)法による骨密度測定装置を導入しました。

DEXA法とは、少ないX線をあてて正確な骨密度を測定する、骨粗鬆学会ガイドラインにても推奨される優れた検査方法です。

この方法は従来の方法の様に手の骨で測定するのではなく、骨折しやすい腰の部分と股関節の骨を直接測定し、より重要で正確な診断をすることができます。

今後当院では骨粗しょう症の検査においては、このDEXA(デキサ)法を使用していきます。

骨密度等でお悩みの際は、院長・スタッフへご相談ください!!